坂下春樹の妄想ラボ

読ラボブランドマネージャー/プロデューサー。 あなたの想いや妄想を整理してシンプルで響く言葉に結晶化するコピーライター。読ラボサロン管理人。

『トヨタで学んだ「紙1枚! 」にまとめる技術 』〜"整理"上手 は "伝え"上手〜

先日、トヨタで学んだ「紙1枚! 」にまとめる技術 』を課題本とした

著者の「浅田すぐる」さんご本人が参加する「読書会」に参加してきました。

 

ぶっちゃけ参加するまでに半分も読み終えてなかったのですが、

浅田さんのお話や他の参加者の感想を聞いて、腑に落ちることが多々あり

その後、実際に活用を始めた本なので紹介したいと思います。

 

トヨタで学んだ「紙1枚! 」にまとめる技術 』浅田すぐる (著)

f:id:springharuking:20150325073708j:plain

 Amazon.co.jp: トヨタで学んだ「紙1枚! 」にまとめる技術: 浅田すぐる: 本

 

 

<それってどんな本?>

 

この本を「ひと言」で言うと

 

思考を整理するフレーム(型)が身につき、

「伝える力」を強化できる本

 

です。

 

そして、本書の大きな特徴は

 

行動に移せるレベルで書かれた本(著者メルマガより)

 

である点です。

 

 

その理由は後ほど書いていきます。

 

 

<なぜこの本を読んだのか?>

 

なぜこの本を読もうと思ったのかと言うと

思考を「整理」してまとめるのが苦手、と感じていたからです。

 

「紙に書き出して考える」という習慣はありましたが、

「書き出したことを整理してまとめる」のに時間がかかる傾向がありました。

 

なんとなくやっていた「整理してまとめるプロセス」を

この本なら「使える型(フレーム)」を身につけられそうだと感じました。

 

 

<「トヨタの1枚」って何?>

 

本書は元トヨタの社員の浅田すぐるさんが

トヨタの社員なら皆やっているトヨタの一枚」を分析し、

幅広く使えるようにメソッド化したものです。

 

トヨタには、業務上の書類はすべてA3またはA4サイズの紙1枚に収める、

という習慣が企業全体の文化として根付いています。(P.3)

 

 

その「トヨタの1枚」の特徴はズバリ次の3つです。

 

①ひと目で全体が見える(一覧性)

②枠がある(フレーム)

③枠ごとにタイトルがついている(テーマ)

 

ポイントは

「読んでわかる」ではなく「見てわかる」ようにする

ことです。

 

これにより

 

「単なる紙切れ」が「機能する1枚」 

 

にかわります。

 

 

<何を学んだのか?>

僕がこの本を読んで学んだことを3つピックアップしてご紹介します。

 

①「動詞」でごまかさず「動作」に落とし込む

②「しばり」が効率を上げる

③「なぜ?」を繰り返せばいいってもんじゃない!?

 

 

①「動詞」でごまかさず「動作」に落とし込む

 

ここが一番の共感ポイントでした。

 

僕も本をよく読みますが、

「意識する」「努力する」「工夫する」

などのフレーズがあったときに

「で、具体的にどうすればいいんだろう?」

とそこで思考がストップし、

実際の行動に結びつかないといった経験がよくありました。

 

「動詞」で終わらせず、「動作」にまで落とし込む

 

のが大事だと著者は述べています。

 

なぜなら、それによって「行動に移せる」からです。

 

本書に書かれていた例を紹介します。

 

動詞:目的を意識する

    ↓

動作:目的を意識した紙を繰り返し見る

 

 

数多くのビジネス書や自己啓発本を読み、

多くの書籍が「動作」のレベルで書かれたいないと感じた浅田氏は

本書は「シンプルな動作」にまで落とし込んで執筆したそうです。

 

これこそが「行動に移せるレベルで書かれた本」である理由です。

 

 

②「しばり」が効率を上げる

 

著者が「トヨタの1枚」の技法を「動作」化したものが

「エクセル1」と名付けられた『思考を整理する技術』です。

 

必要なものは

「テーマ」「紙」「3色のペン」

 

ざくりステップを書くと

・テーマを決めて

・枠を書いて

・キーワードで埋めて

・考えを書き出す

 

非常にシンプルです。

むしろこのくらいシンプルじゃないと行動に移さなくなります。

 

特に、僕がなるほど!と思ったのは

「枠を書いて、その枠内に書く」という部分です。

 

枠があると人は埋めたくなるという性質を利用している点と

限られたスペースに書くからこそ、

無駄なものを省き、考えが凝縮される

という点です。

 

そういったしばり(制約)がある程、

 人はクリエイティビティを発揮できるのだと改めて実感しました。

 

③「なぜ?」を繰り返せばいいってもんじゃない!?

 

トヨタには有名な「なぜなぜ分析」という手法があります。

 

「なぜ?」を5回繰り返し、根本原因を突き詰める

というものです。

 

しかし、浅田氏は次のように述べています。

 

実際に仕事を勧めていくうえで実感したのは

「なぜ?」より「どうするか?」を考える方が

圧倒的に多かったということです。(p.192)

 

 

「なぜ?(why ?)」も大事ですが、

課題に対して「どうやって?(How ?)」問題を解決していくか、

そもそもの目的を忘れてはいけません。

 

自分も「なぜ?」を突き詰めることで満足したり、

「なぜ?」と考えること自体が目的と化してしまった経験があったので

ドキッとしたところでもあります。

 

 

<どう活かすか?>

そもそも本書はものにするために読みました。

 

今回のブログは本書で紹介されているフォーマットを使って書きました。

おかげで「前回の記事」↓よりもさらに時間を短縮することができました。

 

『クラウド版 デッドライン仕事術』 〜クラウドのことはあまり触れずに感想を書いてみた〜 - 坂下春樹の妄想ラボ

 

f:id:springharuking:20150326082135j:plain

 

本書には、紙一枚でまとめる技術がわかりやすく紹介されていますが、

真の目的は 「紙一枚にまとめる」ことではなく、

「伝える力を身につける」ところにあります。

 

最終的なゴールは「紙0枚」で仕事ができるようになること(p.195)

 

僕自身、特に「突発的な場面でのコミュニケーション力で」に自信がなく

あきらめていた部分がありましたが、本書を読んで希望が持てました。

 

私がこれまで出会ってきた「仕事のできる人」というのは、

こうした突発の場面であればあるほど、すぐれたコミュニケーション能力を発揮する人です。(p.196)

 

苦手な事だからこそ、それを克服したときには

できなかった人の気持ちや苦労がわかる分、

より伝えられる事があると思います。

 

紙1枚1枚を積み重ねていきます。