坂下春樹の妄想ラボ

読ラボブランドマネージャー/プロデューサー。 あなたの想いや妄想を整理してシンプルで響く言葉に結晶化するコピーライター。読ラボサロン管理人。

未熟な自分に価値がある!

前回の記事で「自分のミッションに気が付いた」って話をしました。



2015年4月15日の自分が掲げる『自分のミッション』

 

【コツコツ努力を継続し、成長していく楽しさを伝える】

 

というもの。

 

 

自分が

 

【コツコツ努力&成長の楽しさを伝えるプロ】

 

になると考えたときに、ある1つの事に気が付きました。

 

f:id:springharuking:20150415065205j:plain

 

それは、「成功した完璧な自分」を見せようとすることよりも

 

「未熟な自分」「未熟な自分が成長していく軌跡」

を見せていくことに価値がある

 

ということです。

 

 

「最初からパーフェクトな主人公の順風満帆なストーリー」

よりも

「ダメダメな主人公がどん底から成り上がっていくストーリー」

の方が見応えがあるはず。

 

 

そうなると、

「挫折を重ねたこれまでの人生」

「35歳独身無職彼女なし貯金なしの現在」

は リソースの宝庫とも言えます。

(注:仕事は探してます)

f:id:springharuking:20150415072930j:plain

  

このブログを書くときに、今までは

「ある程度の分量でしっかりとした記事を書かなきゃいけない」

 というある種の「思い込み」がありました。

 

しかし、

「日々の小さな変化」「悩み、試行錯誤する姿」

ときには「まとまりきっていない思考の過程」

などをさらし、「成長していく過程を見せていくこと」

自分のミッションに通じるのではないかと感じました。

 

 

誰もがそうすべきとは思いませんが、

僕にとってはそれが「役割」「使命」に通じる行為ではないかと。

 

 

ということで、ブログの更新頻度をあげていきます!

 

 

実績を出し続けている人、成功者はみな

【アウトプットのスピードが早い】ですからね☆

 

 

今回の「気付き」を得て、「実行に踏み出す」ことができたのは

行動習慣化プロコーチ社領大輔氏の存在があったからです。

 

いつもありがとうございます☆ ☆☆