坂下春樹の妄想ラボ

読ラボブランドマネージャー/プロデューサー。 あなたの想いや妄想を整理してシンプルで響く言葉に結晶化するコピーライター。読ラボサロン管理人。

『自分の秘密 才能を自分で見つける方法』〜答えは自分の中にある〜

 

「自分のルーツはいったいどこにあるのか?」

 

 

いくら「自分」を探しに外を歩き回っても、

外に都合良く落ちていることはありません。

 

 

そう、答えは「自分の中」にあります。

 

 

 

 

元仕事仲間の畠山勇一氏が紹介してくれた本

自分の秘密 才能を自分で見つける方法』 北端 康良(著)

をむさぼり読み、僕も自分と向き合いました。

f:id:springharuking:20150412083614j:plain

Amazon.co.jp: 自分の秘密 才能を自分で見つける方法: 北端 康良: 本

 

 

目次

① 切望感とは?

②「ある体験」と「ない体験」

③  感情の動きに注目する

まとめ

 

 

①切望感とは?

 

才能の源泉には、切望感がある (p.11)


と著者の北端康良氏は述べています。

 

 

切望感 とは、

「単なる表面的な欲求」ではなく、

「人生のルーツに根付く欲求」

 

 

北端康良氏は歴史上の偉人や現代の成功者の「才能の秘密」を研究し

独自の理論才能心理学を体系化し、才能開発のプログラムを開発しました。

理事長 北端康良 プロフィール | 一般社団法人 才能心理学協会

 

 

本書の前半では、

 

スティーブ・ジョブズレオナルド・ダ・ヴィンチジョン・レノン

ココ・シャネル、ウォルト・ディズニーウォーレン・バフェットゴッホ

松下幸之助宮沢賢治坂本龍馬本田宗一郎

 

などの人物を取り上げ、それぞれ

 

「どんな切望感を抱いていたか」

 

を解き明かしていきます。

 

 

 ②「ある体験」と「ない体験」 

切望感を生むのは
過去の「ある体験」もしくは「ない体験」

何が「ある」のか「ない」のかは、人によって違う。

しかし、彼らの人生に「あった」こと、もしくは「なかった」ことが

彼らに大きな影響を与え、才能の源泉になっている。(p.151)

 

例えば、

スティーブ・ジョブズ 、ココ・シャネルには「家族・居場所」がなかった

ゴッホには「愛」「承認」がなかった

本田宗一郎には夢中になる「機械」や彼を愛してくれる「家族」があったが

 友や社会に受け入れてもらうための「社会的な裏づけ」がなかった

坂本龍馬には「お金」「家族」あったが、身分制度の中では「地位」がなかった。

 

 

「ある人」「ない人」にはそれぞれ次のような特徴があります。

 

「ある人」:長所を見つけるのが上手い → 維持し、広げる人

「ない人」: 斬新な発想と短所を見つけるのが上手い → 変革し、創り出す人

 

 

 その人の人生において最もインパクトのあった「ある・ない」体験、つまり

「満ち足りない気持ち」「追い求める気持ち」

原動力となります。 

 

 

「僕の源泉」

見下されたり、バカにされたり、イケてるグループに入れなかったり

モテなかったり、臆病で主張できなかったり
 

「 認められなかった 」という【ない体験】
 

『 悔しさ 』からくる「認められたい」「好かれたい」という気持ちが
自分の行動の大きなエネルギー源になっているんだと思います。

 

 

③感情の動きに注目する 

 

では、どうやって自分の「切望感」を掘り出すのかと言うと

キーになるのは「感情の動き」です。

 

同じ体験を共有したとしても、

それに対し、「感情がどう動いたか」は人によって違います。

 

そして、その感情から何を考え、どう行動したか

【 感情→思考→行動のプロセス 】を書き出してみるとよいです。

 

そして、上記に上げた偉人達は、表面的には違う行動だとしても

「同じプロセスを繰り返してきた」人達です。

 

才能ある人物とは、「くり返し」という一貫性を持ち、

そこにすべてのエネルギーを注ぎ込んだ人なのです。(p.187)

 

 

僕の場合、次のような「感情・思考・行動のパターン」がよくありました。

 

感情:くやしい、情けない、自分への怒り
 ↓
思考:そんな自分を認めたくない、ここで終わってはいけない

  ↓
行動:「行動の量」と「フットワーク」でカバーしようとし突っ走る

  

自分と向き合うことは、心苦しいことかもしれませんが

自分の「能力の源泉」を見つけるためには通らなくてはならない道

 

  

 

まとめ

 

冒頭で、答えは自分の中にあり、外にはないとお伝えしました。

 

ただ、外に向かって「行動」していかなければ、

自分の才能を見いだすことも、活かすことは難しいと思います。

 

世界を変えた人々は、「感情」と「思考」を行動に移した人。(p.184)

 

 

「自分が何をしたいのか分からなくなってしまった人」

「自分と本気で向き合いたい人」

「自分の本当の心の声を聞いて、生きていきたい人」

にオススメの1冊です☆ 

 

Amazon.co.jp: 自分の秘密 才能を自分で見つける方法: 北端 康良: 本

Amazon.co.jp: 才能が9割 3つの質問であなたは目覚める: 北端康良: 本