坂下春樹の妄想ラボ

読ラボブランドマネージャー/プロデューサー。 あなたの想いや妄想を整理してシンプルで響く言葉に結晶化するコピーライター。読ラボサロン管理人。

『一流の人はなぜそこまで習慣にこだわるのか?』 〜 在りたい姿に近づくために 〜

先日、語った『自分のミッション』の種

「コツコツ努力を継続し成長する楽しさを伝える」

 

「コツコツ努力を継続すること」

これはつまり

「良い習慣を身につけること」

に他なりません。

  

何事も「教わるなら一流に聞け」言うことで

 

小川 晋平氏、俣野 成敏氏の共著

『一流の人はなぜそこまで、習慣にこだわるのか? 』

をご紹介します。 

f:id:springharuking:20150417090329j:plain

 Amazon.co.jp: 一流の人はなぜそこまで、習慣にこだわるのか?: 小川 晋平, 俣野 成敏: 本

 

著者の紹介

小川 晋平さん

出会いは小川晋平さんの主催する東京朝活読書会

29歳にして9社を経営する起業家で、

ご自身も東証一部上場企業のコンサルタントとして活躍。

毎朝4時に起き、年間数百冊の本を読み、成果を出し続ける『習慣化&自己管理の達人』

独立系コンサルタントのマーケティング事典

 

俣野 成敏さん

出会いは俣野さんと小川晋平さんの共同開催の起業セミナー。

東証一部上場企業にて、33歳でグループ約130社の現役最年少の役員に抜擢、

さらには40歳で本社償還、史上最年少の上級顧問に就任。

『プロフェッショナルサラリーマン』を筆頭に著作累計は20万部を超える。

プロフェッショナルサラリーマン育成のための私塾「プロ研キャンパス」を創設。

 

本書では、一流のお二人具体的な「習慣メソッド「ロジック」

分かりやすく紹介されています。

今回は、自分がまず取り入れようと思ったところ、気付きを得たところを

3つに絞ってご紹介します。

 

 目次

① 5秒ルール

② なぜ判断に迷うのか?

③ 本当の自己管理とは?

 

① 5秒ルール

 この項を読んで、トリンプ・ジャパン元社長の吉越 浩一郎氏の言葉を思い出しました。

とにかく仕事は前倒しでやっつける。

そうすることで仕事を「やらされている」という感覚がなくり、

仕事を片付けることに快感が生まれます。

『クラウド版 デッドライン仕事術』 〜クラウドのことはあまり触れずに感想を書いてみた〜 - 坂下春樹の妄想ラボ

 

仕事に関わらず、「前倒し」で取り組むことは

「目標達成の秘訣」と実感しています。

 

週のタスクだったら「週の前半」の内に

その日のタスクだったら「朝」の内に

早めに取り掛かると勢いがつき、意欲が増し、達成率も上がります。

 

その最もたるものを表したのが【 5秒ルール 】と僕は感じました。

「やる気の小さな炎」が付いた瞬間を見逃さずに

「すぐ手をつける」ことです。

 

人のやる気は5秒で終わると言われています。

(中略)

 やる気スイッチが入った瞬間を見逃さないで、

すぐにアクションを起こせば成果が期待できる(p.48)

 

「あとでやる」と言ったことは

「やらない」「ギリギリであわててやる」ことがほとんどではないでしょうか。

 

「すぐ手をつける」ときに、大事なのは

完璧にやろうせず、「ちょっとでいいから進めてみる」

ことだと思います。

腰が重かったものも、いざやってみると案外やる気がでてくるものです。

 

「1歩」でも進めておくと、「次の1手」のハードルが下がります。

 

0と1は大きな差です。 

 

 

② なぜ判断に迷うのか?

 

僕はよく判断に迷うことがあります。

と、同時に「その迷ってる時間がもったいないな」と感じています。

 

では、なぜ迷ってしまうのか?

「優柔不断な性格のせい」にして終わらせてしまいがちですが、

本書にはこう書かれていました。

 

判断を下すという行為は基準を考える行為でもあるのです。(p.99) 

 

つまり、判断の「基準」がぶれていたわけです。

 

本書では、基準を用いた思考法として【 マトリクス思考 】をオススメしています。

 

【マトリクス思考】とは

対極軸(基準)を2つ使う思考方法で

縦軸と横軸からなる4つの事象で物事を考えること

です。

 

言葉で説明すると、難しく聞こえるかもしれませんが

下記のような「シンプルな型」です。

f:id:springharuking:20150420061815j:plain

 

大事なのは、1つではなく「2つの軸」で考える、という部分です。

 

「好き ⇄ 嫌い」「やりたい  やりたくないか」

などの「感情面での軸」での判断は、多くの人が無意識にしていると思います。

 

そこに例えば、「成果が出る ⇄ 成果が出ない」などの軸を

加えると、考える角度が広がり、

より的確な判断へと繋がります。

 

1つの基準では消えてしまう可能性のある領域が、

基準を2つに増やすことで無限大に選択肢が広がります。(p.101)

 

「どんな基準を設けるか」が重要であり、難しいところでもあります。

最初から上手くできなくて当たり前。

実際に何度も試してみようと思います。

 

メモ

・まずは対極軸をいくつも書き出してみる

・頭の中だけで考えるのではなく、紙に書き出す

 

 

③ 本当の自己管理とは?

 

 本書を読んでかわったことの1つは

『 自己管理に対する考え方 』です。

 

これまで、『 自己管理 』に対し、

「仕事に穴を空けないために体調を管理すること」

「自分のスケジュールや身の回りの管理」

のような【面白くないけど、最低限やっておくべきこと 】というイメージ

を持っていました。

 

しかし、本書を読んで

自己管理は「自分の在りたい姿」に近づくためのもの

と改めて感じました。 

 

本来の目的を忘れ、手段を目的としてしまうことが

 自分でもよくありましたが、

何気なく行う「日々の習慣」だからこそ、

自分が向かう先を見ながら継続していこう

と思いました。

 

 

まとめ 

本書は、「本気でやる人」にとって即戦力になる本です。

 

そして、想像以上の「豪華特典」も含め、

著者お二人の『 GIVE(愛)に溢れた本 』だと感じました。

 

成長のステージによって、響く箇所もかわってくると感じたので

「この記事を書いておしまい」ではなく、

実践と検証を積み重ねていこうと思います。

 

ピンときた人は是非、手に取ってみて下さい☆☆☆

 

『一流の人はなぜそこまで、習慣にこだわるのか? 』小川 晋平 (著), 俣野 成敏 (著)

 『一流の人はなぜそこまで、見た目にこだわるのか? ~仕事力を常に120%引き出すイメージ戦略~』中井 信之 (著), 俣野 成敏 (著)

 『一流の人はなぜそこまで、コンディションにこだわるのか? ~仕事力を常に120%引き出すカラダ習慣~』上野啓樹 (著), 俣野成敏 (著)