坂下春樹の妄想ラボ

読ラボブランドマネージャー/プロデューサー。 あなたの想いや妄想を整理してシンプルで響く言葉に結晶化するコピーライター。読ラボサロン管理人。

「自己中」疑惑浮上!? 〜本気で変わりたい人の行動イノベーション〜

 

もしかして、自分ってもの凄い「自己中」なのでは?

 

自分の「欲望」に目を向けてみた結果、そんな疑惑が浮上しました。

 

 

最近、『コツコツ成長する楽しさを伝えたい』という自分のミッション

を周りに発信するようになりました。

 

コツコツと自分を育て、自分の成長を感じるのはとても楽しい。

しかし、それを本当に人に伝えたいと思っているのか?

という疑問が湧いてきました。

 

と言うか、前から薄々ちょっと違うかもと気付いていました(笑)

 

 

人に「伝える・教える」ことよりも

伝えること・教えることが上手くなっていく【自分自身の成長】

に興味があり、

人よりも【 自分を育てたい 】って気持ちの方が強い。

 

そして、もっと褒められたい、チヤホヤされたい

人気者になりたい、モテたい(笑)

 

そんな自分の正直な気持ちに気付きました。

 

 

なぜ、そんなことを考えたかと言うと、

行動習慣のプロコーチ社領大輔氏が以前ブログで紹介していた

大平信孝さんの著書

『本気で変わりたい人の行動イノベーション — 本当の欲望に素直になれば、やる気が目覚める―』

を読んだのきっかけです。

f:id:springharuking:20150427163643j:plain

アンカリング・イノベーション 代表 プロコーチ 大平信孝のプロフィール|Ameba (アメーバ)

『本気で変わりたい人の 行動イノベーション— 本当の欲望に素直になれば、やる気が目覚める―』

 

 

本書には、「欲望」に関して次のようなことが書かれています。

 

・自分で決めて行動するためには、自分の「欲望」に向き合う勇気が必要

 

「欲望」とは、頭の声、体の声、心の声

 

「欲望」に基づかない目標を立てても、楽しくないから、人は行動しない

 

・ ドロドロ、ギラギラした「欲望」こそが「善きビジョン」にかわる

 

「欲望」の先には、必ず「他人のために何とかしたい」という

    他者貢献のビジョンがある

 

自分の本心を知って、

「結局、俺って自分の事ばっかり。自己中じゃん。」

とショックを受けました。

 

そう言えば、昔から "自己中でいること" に拒否反応がありましたが、

それも、「人に好かれたい」という「欲望」

から始まっていたんだなと気付きました。

 

  人に好かれたい

    ↓

「自己中」は嫌われるに違いない

    ↓

嫌われたくないから「自己中」と思われるような

行動は控えよう

 

あなたも、口にこそ出さずとも「欲望」があるはずです。

それを否定しないでください。

 

どんなにドロドロ、ギラギラしていてもいいのです。

 

まずは自分の欲望を知り、否定せずに受け入れて下さい。(p.59)

 

一瞬、自分の欲望から目を背けたくなりましたが、

本書を読んで、

大切な自分の『欲望 』をかわいがっていきたい

と思えました。

 

もしも、あなたが幸せになりたいと望むなら

子どものときのように「欲望」からくる「素直なビジョン」

もう一度持つことから始めましょう。(p.57)

 

「自分の欲望に気付けた事」

そして、「それを受け入れることができたこと」

大きな自分になるための小さな一歩です。

 

ということで、自分を大いに褒めてあげたいと思います☆

 

 

本書には、

自分の「欲望」を発掘し、形にしていくためのワーク

も用意されているので、ピンときた方は是非☆

 

Amazon.co.jp: 本気で変わりたい人の 行動イノベーション --- 本当の欲望に素直になれば、やる気が目覚める―: 大平信孝: 本