坂下春樹の妄想ラボ

読ラボブランドマネージャー/プロデューサー。 あなたの想いや妄想を整理してシンプルで響く言葉に結晶化するコピーライター。読ラボサロン管理人。

迷ったときには 〜" 自分は何が与えられるか "という視点 〜

1年半程前から 朝活、勉強会、セミナー などの

社外の方々と交流する場によく参加するようになりました。

 

イベントによって参加しようか迷うときがあるのですが、

そんなときこそ

"自分はその場で何を与えられるだろうか?"  

を参加を決める際の判断基準として、思い浮かべるようになりました。

 

結果、迷うことがなくなった訳ではありません。が、

「何を与えられるか?」

というマインドでいた方が得るものが大きい

 という事を実感しています。

 

僕が感じるそのメリットは次の3つです。

 

① 考えを巡らせる事自体が楽しい

② 観察する視点が増える

③ "その場"の質が高まる

 

では順にお伝えしていきます。

 

① 考えを巡らせる事自体が楽しい

 

今まで、その場に参加したいなと思ったときに

求めるもの(快楽、刺激、知識、出会い etc)が得られるかどうか

という欲求が中心にありました。

 

別に、この事が悪いとは思いません。

むしろ、そのような欲求があるのは自然な事だと思います。

 

ただ、「自分がその場で与えられるものがあるだろうか?」

と考えを巡らせる事により、今まで出てこなかった発想が出てきて

それ自体が僕にとっては新鮮で面白いなと思いました。

 

「何かいい事考えてる風じゃん、俺」

 という密かな自己満足もあります(笑)

 

 

② 観察する視点が増える

 

"何を与えられるか?"という問いを立てることにより

参加した際に、観察する視点もかわってきます。

 

「あの人はああやって気付きを与えてるんだ」

「今の発言で場を和んだな」 

 

その際、

「あの人みたいに自分は与えられっこない」

「自分にそんな価値はない」

と他人と比較し萎縮しまう人もいるかもしれませんが、

シェアしてみないと何が価値になるかわからない

ものです。

 

ほんの小さな事からでいいと思います。

例えば、、、

 

<思いつき与えるリスト>

・自分の気付きや感想をシェアする

・自分のプチ成功体験&失敗談を話す

・読んで面白かった/タメになった本を紹介する

・オススメの人を紹介する

・面白かったイベントやサイトの情報をシェアする

・最初の発表者に名乗り出て、以降の人を楽にさせる

・自分のテヘペロ体験を話し、場を和ませる

・緊張してそうな人にこちらから話掛けてみる

・「質問ある人いますか?」と言われても誰も名乗りでないので、なんか質問してみる

etc

 

何だか偉そうに語っていますが、今の自分が

天才経営者やカリスマ講師ばりの気付きを

与えられることを期待してません。

 

そして、ただの開き直りでもありません(のはず)。 

 

伝えたいのは

自分が息を吸って吐くように自然にやってることが

他人にとっては価値のあることであったりする

と言う事です。 

 

もっと言えば、

「あなたに会えて良かった」

とあなたの存在そのものが誰かを癒したり、勇気づけたりするもんです。

 

 

③ "その場"の質が高まる

 

"何を与えられるか?"という視点を持つと、

自分が "与えたい" と思う『 居心地のいい場所 』

を自然と選ぶようになると思います。

 

f:id:springharuking:20150520073638j:plain

今の自分にとって一番居心地のいい場所 ☆『ミッション朝活』

 

 

そして、そういう気持ちを持つ人のもとには、

同じようなマインドの人が集まってくるでしょう。

 

奥田浩美さんは著書『ワクワクすることだけ、やればいい!』の中で

次のように述べています。

 

与えることができる人、そういう人のことを指して、

「生命エネルギーがあふれる人」という表現をよく使います。

 

生命エネルギーがあふれる人の周囲には多くの人が集まります。(p.208) 

 

f:id:springharuking:20150511205254j:plain

Amazon.co.jp: ワクワクすることだけ、やればいい!: 奥田 浩美: 本

 

同じような与える視点を持った

「生命エネルギーあふれる人」が集うコミュニティーは

相乗効果をもたらしていくに違いないです。

 

同じ方向を目指す人達が集うコミュニティを作れば、

「より早く・より遠くへ行ける」のではないかと思っています。(p.211)

 

 

♢ まとめ

 

「 "与える"って何かハードル高くない? 」

って思う方もいるかもしれません。

 

繰り返しになりますが、些細な事で構わないし

まずは

" 自分がその場で何が与えられるだろうか? "

という問いを自分自身に立てること

が大事だと思います。

 

 

" 自分探しの旅 " よりも " 自分が何を与えられるか探しの旅 "

に出たほうが楽しそう☆

 

そんな風に思った5月のある日。