坂下春樹の妄想ラボ

読ラボブランドマネージャー/プロデューサー。 あなたの想いや妄想を整理してシンプルで響く言葉に結晶化するコピーライター。読ラボサロン管理人。

なぜ"継続"できるのか? 〜当たり前を紐解いてみた〜

 

「坂下さん、それってなぜ"継続"できてるんですか?」

 

先日、吉祥寺の音楽教室時代の仕事仲間であり、

現在、起業家として活動中の畠山勇一氏に質問を受けました。

 

僕の強みの1つとして指摘してくれたのが "継続する力"

 

と言っても、何でも継続できたわけではなく

いや、むしろ継続できなかった事の方が多いくらい。

「まぁ普通」だと思っていたので、

今まで自分の”継続力”については、深く掘り下げた事はありませんでした。

 

それに「継続する力=習慣化」と言えば、

その道の達人もたくさんいるので

その力は遠く及ばず、僕が取り立てて言うことはないだろう、と思っていました。

 

しかし、自分にとっては当たり前の中にこそ、

『自分の強み』があったりするもんです。

 

f:id:springharuking:20150531195801j:plain

 

自分が継続するのが得意な一番の理由は、

小さな成長を楽しめる

からです。

 

特に数値などの目に見える変化

ドラゴンクエストで言うところの"経験値"を得る感覚」に通ずるものを感じ

 やる気を増長させます。

 

その日、分析力に長ける畠山氏と話す中で気付かせてもらったもう1つ別の要素は

感情と行動の切り離しが上手い

という部分です。

 

「モチベーションに頼ってないですよね。」

とも表現してくれました。

 

言われてみれば、

感情の起伏に関わらず

それはそれとして淡々とソレをこなす

(=「割り切り力」?)

のが人より得意かもしれません。

 

僕は感情を表現するのが苦手で、それを負の要素と捉えていましたが

「割り切り力」の根源、つまり、隠れた "継続の秘訣"

にもなっていたわけです。

f:id:springharuking:20150531195820j:plain

 

自分と向き合い堀り下げる事も大事だけど、

"他者の客観的な視点"の必要性も感じた、

西荻窪のある夜でした。

 

"当たり前"の紐解きは続く、、、

 

 

USPデザイナー畠山勇一氏の個別相談(無料)をご希望の起業家、起業家志望の方はコチラからお気軽にメッセージしてみて下さい↓↓

畠山 勇一 | Facebook

USPデザイナー 畠山勇一のプロフィール|Ameba (アメーバ)