坂下春樹の妄想ラボ

読ラボブランドマネージャー/プロデューサー。 あなたの想いや妄想を整理してシンプルで響く言葉に結晶化するコピーライター。読ラボサロン管理人。

自分の武器(リソース)を洗い出してみた 〜"挫折の経験"を武器にする〜

このブログでよく登場する

「今、ここに集中して人生を変える行動習慣化イノベーションコーチ」

シャーリーこと、社領大輔氏。

 

今月から彼と本格的にコーチとして契約することにしました。

(まずは3ヶ月契約から)

『反応する人生から反応させる人生へ』

 

そして、最初の彼とのセッションで行ったのが

【 自分の武器(リソース)の洗い出し 】


 

なぜそれをやるのかと言うと、

自分の現状・現在地を把握するため

です。 

 

「自分の目的地や在りたい姿を決めること」

がまず最初だと思います。

そこを決めて、自分の現在地・現状を把握することによって

航路が決まり、出航できるのだと思います。

 

「地図」と「コンパス」が手元にあっても、

現在地が分からないと困りますよね。

 

 

社領大輔コーチとskypeにてセッションした際、

「自分の持っているものは何ですか?」

と最初に聞かれたときは、ぽつぽつとしか出てこなかったです。

 

なぜなら、

・今まであまり考えてこなかった

・自分はたいしたものは持っていないという思い込みがあった

からです。

 

後日、ノートに書き出したのがこちらです。

f:id:springharuking:20150517200726j:plain

 

一度問いを立て、シャーリーコーチに

「あなたにはもっとたくさんあるはず!!」

と言われたのを信じ、臨んでみた結果

思ったよりたくさん出てきました。

 

やってみて、それがリソースとするかどうかは

「捉える視点」にもよるなと感じました。

 

例えば、僕は

『 挫折の経験 』

を自分のリソースとしてあげました。

 

その経験がある事により、

同じような挫折を経験した人の気持ちが分かり共感を得やすいです。

 

また、挫折を乗り越えた経験があるのなら

その経験値や独自のノウハウは、

すんなりできちゃった人には持ち得ない「強力な武器」に成り得ます。

 

また、自己を開示「自分の成長の軌跡」を語っていくこと

がこのブログの売りの1つだと思っているので

『 挫折の経験 』は僕にとって良いリソース(資源)

だと思っています。

 

もちろん、武器を洗い出して終わりではありません。

 

それが目的ではなく、

「これらをどう活かしていくか」

がより重要です。

  

続く


プロコーチ社領大輔氏のブログ>