坂下春樹の妄想ラボ

読ラボブランドマネージャー/プロデューサー。 あなたの想いや妄想を整理してシンプルで響く言葉に結晶化するコピーライター。読ラボサロン管理人。

『「結果を出す人」はノートに何を書いているのか』① 〜記録は "財産" なり〜

 

あなたの「経験」や「考えた事」、「成長の軌跡」

『 記録 』していくことはあなたの財産になる

 

美崎栄一郎著書

『「結果を出す人」はノートに何を書いているのか』 

を読み、実際に自分も”記録”を続ける中でそう感じました。
美崎栄一郎公式サイト

f:id:springharuking:20150422125636j:plain

  

本書を読むきっかけになったのは、

先日、このブログでも記事を書いた北端康良氏の

著書『 自分の秘密  才能を自分で見つける方法 』

を紹介してくれた音楽スクール時代の仕事仲間であり、

現在、USPデザイナー畠山勇一氏がオススメしていたからです。

 

なぜ、「経験」「考えた事」「成長の軌跡」

"記録"していくことが財産になるのか?

その理由は次の3つです。

 

目次

① 自分のしたことが客観的に振り返れる

② あなた独自の経験が蓄積される

③ 自分を見つめる機会が増える

 

 

① 自分のしたことが客観的に振り返れる 

 

記録することによって客観的に自分の行動を見ることができます。

 

その際、”数値化”し記録を続けることで、

進捗が目に見えモチベーションUPにも繋がります。

 

著者の美崎栄一郎さんも著書の中で、

仕事の記録をつける理由を次のように述べています。

 

1つはモチベーションを保つため、

もう1つは自分の仕事のパフォーマンスがどれほどなのかを把握するため(p.136)

Amazon.co.jp: 「結果を出す人」はノートに何を書いているのか 実践編 (Nanaブックス): 美崎 栄一郎: 本

 

 

② あなた独自の経験が蓄積される

 

今、「体験」は売れる時代です。

 

「価値を生み出す体験」をいかにしていけるかが

今後20年の年収を決めると言っても過言ではありません。(p.202)

 

先日紹介した小川晋平氏、俣野成敏氏の共著

『一流の人はなぜそこまで、習慣にこだわるのか? 』の中で

上記のように書かれています。

 

世の中には、あなたと全く同じ体験をする人は存在しません。

 

例え、ずっと同じ場所にいても

感じ取ることは人それぞれ違います。

 

その体験を通して、あなたが感じた事・考えた事、

そして、その軌跡はあなただけの「貴重な体験」になります。

 

ノートに蓄積し、検索できるのは、あなた自身の知識と経験です。(p.4)

 『「結果を出す人」はノートに何を書いているのか 』

 

「自分が普段何気なくこなしていた事を、周りに言ったら驚かれた」

って経験はありませんか?

 

息を吸って吐くようにできることは、

その人の「強み」である可能性が高いです。

 

「記録しないこと」はもったいない行為です。

 

そもそもどう記録を残したらいいかわからず、

メモを買いては捨てる人もたくさんいました。

何度も言いますが、

これは自分の仕事の経験を捨てているのと同じなのです。(p.239) 

『「結果を出す人」はノートに何を書いているのか  実践編 』

 

 

③ 自分を見つめる機会が増える

 

僕はFacebookの投稿やこのブログを通じて、

自分の内面を見つめ、アウトプットする機会が増えました。

 

 このブログを始めた当初は、コンセプトは決まっていませんでしたが

『 坂下春樹の妄想ラボ 』は、僕の「成長の記録」であり、

「成長の軌跡を語っていく場所」なのだと最近思うようになりました。

 

記録していくことは、

自分の人生の物語(ストーリー)を綴っていくことでもある

そんな風に思いました。

 

媒体はブログでなくとも、SNSや日記の上でも構いません。

あなただけのストーリーに価値があり、人を動かすこともあると僕は思ってます。

未熟な自分に価値がある! - 坂下春樹の妄想ラボ

 

まとめ

 

僕は以前からメモ魔で、見聞きした情報をメモることが好きでした。

 

ただ、メモしたことに満足して、

「見返すことなく終了」

ということがほとんどでした。

 

今回、「記録すること」にフォーカスして、お伝えしましたが

「記録したことをどう活かすか」

これも重要です。

 

次回の記事では、美崎栄一郎さんが著書
『「結果を出す人」はノートに何を書いているのか 』

の中で紹介している『ノート術』を参考に

「記録の活用の仕方」に焦点を当ててお伝えしようと思ってます。

 

それでは、また!

 

Next